お勉強でございます

週末はお勉強をする日。学校は無いけど与えられたさまざまな課題を一気に解決する日であったりします。

メモ用紙に週末片付けるべきToDoをばばばっと書き、端からつぶしていく、そんな感じです。
下記SASAPYさんのコメントへのレスとしてもちょこっと書きましたが、どんな社会を目指すべきか、というところが一つの授業で少し今議論されているところで、僕も関心をもっているところ。

とあるリーディングの中に、トーマスフリードマンのフラット化する世界がありました。ちょっと面白そう、見てみてもいいかな、と思いました。(競争に勝つことが大事、競争力を維持し続けることが大事、といったアメリカ的な発想な書のような気がしてますが・・・)

個人的には、しっかりとした伝統を維持し、それを世界があこがれ、かつ特に他国から影響をうけず、たんたんとわが道を行き、特に経済だけを追求する、というようなものでなく、現在の経済力の割にはびしっと世界に対して発言力も持ち続けている、というようなフランスっぽい世界がいいのでは?と思っています。

みなさんはどんなご意見でしょうか?
[PR]

by shinji_isono | 2006-09-17 03:49 | AnnArbor生活  

<< ギアが3速くらいに入ったかしら?? 知識社会に向けて >>