パワーをもらう

なんかこう、苦境に立ったときに自分を助けてくれるのは、戦っている友達を見ることですね。

お友達や先輩やらには、幸運なことに立派な方が結構多くてですね、そんな方をみると、

「自分もがんばらなければ!!」

と思うのであります。
「安泰な人生」を歩もうとすれば全然楽に歩める人たちが、リスクを取って、チャレンジしている、そんな姿を見ると、非常に刺激となります。

「自分だけの価値観を」とか「No.1 じゃなくて Only 1」(まきはらのりゆきか?)とかそういう話が多く出てきて、

「自分らしい生き方」

みたいな話が増えてきてるけど、本当に何にも無い状況から「自分らしい生き方」なんかできないわけでして、いろいろ人生において出会った人たちに大きく影響されつつ、その影響された後のわずかな自由度に対して、自分で人生を決めている、そんなのが本当なのではないか?と思う。

僕なんて、典型的なB型で、誰がどうみても「わが道を行く人生」を歩んでると思ってるけど、それでも相当なレベルで、出会った人に刺激を受けている。
今、直接、間接に聞く、がんばっている友達を見ると、刺激を受けるというのがまさにそうだ。

結局は、進む道が「わが道」なだけでして、その道へ進むための心構え、どのように進むべきか、進んでいるときに出会う人たちに対して、どう接するべきか、そういう本質の部分は「わが道を行っている」わけではなく、いろいろであった尊敬できるかたがから少しづつ教えてもらったものなのだ。

僕の人生が幸運だったのは、まさにこういう人たちがなぜか回りによく出没するということだ。そのおかげで、成長もしてきているし、表面だけ見れば、「わが道を行っている人間」のように見えるのである。

最近もまた、いろいろな人からパワーをもらい、「自分ももっとがんばらなければ!」と思ってきているのである。

←オラにパワーを分けてくれ!(byドラゴンボール)
[PR]

by shinji_isono | 2007-04-06 12:51 | AnnArbor生活  

<< 政治ポジションテスト まだまだ冷えるね! >>