春休みの読書感想文

今月一ヶ月は、多少本を読んでみました。

趣味を磨いたり、本を読んだりしてました。
何冊か読んだのでその感想を。

スモール・イズ・プロフィタブル―分散型エネルギーが生む新しい利益

エネルギーの権威、エモリーロビンスが書いた本。結構分厚くてですね、「なぜ分散型エネルギーがいいのか?」について、あらゆる視点からとことん立証している、そういう本で、ちょっと専門的です。原子力、火力、石炭などによる大型発電をもとに、グリッド(電線)を使って供給する、という仕組みがもはや、規模の経済よりも不経済がうわまりはじめている。消費地での発電(太陽光とか風力とかを用いて)を行うことにより、コスト効果だけでなく安全性、将来に対する不確実性への対応等々にも適応しうるようになってきており、今は社会はパラダイムシフトが必要とされている、ということを様々なデータ、あらゆる視点から見事に立証している。リニューアブルエネジーに興味ある方には、一度読んでいただきたい、良著です。


The Joy of Not Working: A Book for the Retired, Unemployed and Overworked- 21st Century Edition

一度前に簡単に紹介しましたが、この本。なかなか良いです。
「本当はいろいろやりたいことあるんだけどね・・・」といいながら、忙しくて何もできない人、必見です。
やっぱり衝撃的なのは、リタイアした人たちの多くが人生をそんなに楽しいと思っていないこと。それは趣味だとかをずっと持ってなかった人達が、いきなり自由な時間を持ってもすごし方がわからないのだそうな。確かに、1~2週間くらいだったら楽しそうだけど、1年丸々空く時に、何ができるか、というのは別な話だ。「今がんばって死ぬほど働けば、将来楽しい老後が待っている」、と思いながらいろいろなものに目をつぶってがんばっている人。そんな「楽しい」老後は来ないのかもしれません。

「本当はやりたいことがある」というのであれば、今仕事をやめればいいじゃないか、とも言ってるんですけど、実際は「働く」なと言うのをアピールしているのではなく、きちんと効率よく仕事をこなし、内容の濃い趣味を持って、プライベートも充実させなさいといっている。

テレビは見るな、って言ってますね。これは僕も賛成ですわ。結局、このアナーバーでの2年間、家にテレビを置かなかったため、ずっと見なかった。やっぱり、限られた時間を上手に生かすには、テレビは非常に邪魔である。その時間をちゃんとした趣味に使いたい、そう思いますね。

単にテレビ見るだけとか、酒飲んで終わりとか、そういうのではなく、(筆者の言う)「難しい趣味」を持つべきだろうと思う。そういう趣味を持っていくと、老後になっても時間は足りないほど、いろいろなことに没頭できるのだろう。


人を動かす

鉄鋼王のカーネギーが書いた本で、これも昔から知っている本だったけど、読まずにずっと生きてきた。ほんと時間が取れてるからこういう本が読めてよかったと思う。この本は、結構目からうろこ系でした。僕のように、「人を動かす」ことが苦手な人、必見です。

結構、人間の本質をずばりと直球でせめているので、わかりやすくもあり、またショッキングでもある。

「いくらあなたが忠告したところで、相手は保守的になったり、自尊心が傷つけられたりするだけで、その言葉を元に、他人が態度、考え方等を変えるなんてあるわけ無いじゃないか。」

と言い切った上で、

「彼が自分で気づいて、自分から変えようと思わせるにはどうすべきなのか?」

というようなことを、豊富な事例を元に、説明されている。結構人間というのは、余計なお世話で言っていたり、本当に相手のためを持って言っているのではなく、単なる自分の自己満足で行っている場合があったりする。そういう態度をぴしゃりと否定しております。


スローライフでいこう―ゆったり暮らす8つの方法

日本語タイトルは、売れるためにあえて意訳した、という感じ。LOHASとかがはやってるからだと思うんだけど、もともとのタイトルは、「Take Your Time」ということで、自分の時間をしっかりとろう。急ぎ足で人生を駆け抜けるのではなく(それによって、心が乱れ、やりたいことができなくなる、ということなしに)、心を落ち着かせ、過去でも未来でもなく、「今」に集中し、生きていこう、というような内容でしょうか。

偶然なんですけど、今回はこの手の本をよく読んでますね。


アルケミスト

この本、アナーバーの本屋に行くと、英語版だけでなく、各国語に翻訳されているのがずらりと並んでいる。スペイン語とかフランス語とか。ずっと気になっていて、しかもH氏のブログでもお勧めになっていたので読んでみた。一言で言うと、「夢を追いかけることが人生であり、もっとも大切なことだ」というような意味だと思う。
人間、何かに成功してしまうと、そこから保守的になってくる。守ろうとするものを持ってるから、守ろうとするわけなのだけど、それによって、将来の可能性、自分の本当にやりたい夢、等も制約を受けてくる。
この本で何度も出てくるのだけど、自分の心に対して、心を研ぎ澄ませ、じっくり聞いてみる。それによって、本当に自分のやりたいこと、夢がわかってくる。そこに向かって進んでいけば、たとえそこにたどり着けなくても、立派な人生だと自分で言え、思えるだろう、ということを、主人公がいろいろな人と出会いながら、理解していくという内容。確かにねぇ~、と共感を持てる内容でした。

日本人は、いい歳してもまだ夢を持っている人を、「いつまでも夢みたいなことばかり言って」とちょっとバカにするような風潮があると思う。でも、人生というのは夢を常に持ち続けて、それに向けて努力していく過程なような気がしますね。世界中で売れてるということは、みんなそんな自分の夢を忘れがちなんだろう、と思う。

以上、今月の読書でした。
[PR]

by shinji_isono | 2007-05-31 10:32 |  

<< ワンパウンドバーガー 撤退準備を少しづつ >>