ガーナ、負けてもうた。。。リサーチは半分終了

今日は曇っていて、少しはましでしたが、雨季にもかかわらず、最近は晴れる日が多く、むっちゃあついです。アーメッド氏いわく、37度になってたりするとか。。。湿度もそこそこあるようなのですが、不思議と日本にいるときのようないやな汗をたっぷりかくという感じではないですが、結構しんどいです。

ワールドカップにて快進撃を続けていた、ガーナ代表。ついに今日ブラジル相手に負けてしまいました。今日は新しいホテルに移動し、そこのReceptionといわれる場所の小さなテレビで、ガーナ人とともに応援していたのですが、いいところ無く負け。そこでは、審判がフェアでなかった、ということでみんなの意見が一致。その後、一人で歩いて、市の真ん中にある小さなレストランに夕飯を食べに行く。そこでもワールドカップの復習をしており、審判がフェアでなかった。アフリカが優勝するのは無理だろう。FIFAが黒人に対して不利な判定ばかりをするから、と言ってました。レストランで一人で飯を食ってたにもかかわらず、一部話に巻き込まれ、僕も話してました。あそこでくったチキン、ややケンタッキーみたいな感じのチキンで結構うまかった。
街中ではガーナが負けたにもかかわらず、パレードをしていました。今日に限っていつも持っているデジカメを盛ってなかった。太鼓を持っている人の後ろにずらずらと人がついていき、打楽器のリズムだけで盛り上がってました。

道歩いていると誰彼構わず声をかけられる、というような話をしましたが、今日面白かった二人について。
一人はおそらく5歳くらいの男の子。信号で待ってたら「ハイ」と声をかけてくるので、ちょっと話す。
ガーナまけちゃったねぇ、というような話をし、どの選手がすきなのよ?とか話をしている。僕も日本出身でこないだブラジルに負けちゃったんだよ、というような話をし、次の次のワールドカップでは君がブラジルを倒すんだ!!というようなことを言ったら、その気になって、がんばって練習する!というようなことを言ってました。かわいいですね。最後に、日本のコカコーラのおまけでついていた、ガーナの国旗のついたキーホルダーを上げると喜んで帰っていきました。
も一人。ついに見かけました。その少年と別れて2分ほど歩くと、目の前の黒人さんが
「コンバンワ」
ぬわんと!日本語を話すではないか。聞くところによると名古屋と東京出身の友達がいるらしく、ちょっとした片言の言葉は話せました。君もボランティア?と聞かれたので、日本のボランティアとかNPOの方がよくここを訪れているのでしょうね。ちょっとびっくりしました。また会いたい、というので僕のホテルはまた移動するかもしれないけど、おそらくここかここのホテルにいると思うよ、というような話をして分かれました。初めてでしたね。日本語をガーナ人から聞いたのは。

今日はインタビューを13人行い、ついに合計48人。100人目標の半分に達しました。今週末、アーメッド氏が首都アクラに行かなければならない用があるため、弟のザク氏にも来てもらい、僕らのやり方を学んでもらった。後半は彼が中心にインタビューし、すぐにマスターしていました。まだ女性に対してあまりインタビューできてないのですが、お葬式があったらしく、皆さん手が離せなかったとのこと。今週後半には会えるといいですが。。。

PS 毎日、歩く量が半端ではない。だいたい毎日5kmくらいは歩いています。というのも、ホテルから町の中心までは2kmちょいあるんですわ。どっちのホテルからも。で、町の中心にはインターネットカフェやらお店やら銀行やら、、、、なので結構な頻度で行かなければならない。別に歩いていることに対して、そんなに疲れを感じるわけではないのですが、夜にぐっと疲れが来て、結構早い時間に眠くなり、そして寝ています。最近の就寝時刻は10時であればいいほう。まー朝も、本当に鶏の「こけこっこー」で起こされたりして、早起きではありますが。。。
[PR]

by shinji_isono | 2006-06-27 02:33 | ガーナフィールドリサーチ  

<< どかんと進みましたぜ。我がリサーチ! スピードが出てきたリサーチ3日目 >>